任意売却とは

任意売却とは、任意で物件を売ることですが、任意売却という言葉を使うときには、一般的には家を売る価格よりも住宅ローンの残額が多い時に用いられます。

話題の任意売却サイトのメインイメージ

任意売却とは

昨年久しぶりに実家に帰った時に、近所の景色が大分変わったことに驚きました。

以前は家が建っていた場所が更地になっていたり、誰も住んでいない空家と思われる家がたくさんありました。

我が家の近所はバブルの時期の建設ラッシュで家を建てる人がたくさんいたので、一気に住宅街になりました。

自分のマイホームを持つのは男性としては成功の証しとなりますが、景気が悪くなると家のローンを払えなくなって、結局は家を売りに出す人もいました。

家を売る時には、任売(にんばい)とも言われている任意売却という方法を使えます。

任意売却支援機構が運営する任意売却119番はスペシャリストが無料で相談に乗ってくれるようです。

任意売却とは、任意で物件を売ることで、字義的には今売られている物件は全て任意で売られていることになりますが、任意売却という言葉を使うときには、一般的には家を売る価格よりも住宅ローンの残額が多い時に用いられます。

家を建ててから、毎月ローンの支払いをしますが、仕事を失ったりしてローンが支払えなくなった時には、家自体の売却を考えます。

普通家を売るには、まず残っているローンを全て返済してから売るので、相場の変動などにより、不動産の売却代金が極端に下がってしまい、家が売れた価格よりもローンの残高の方が多い時には、自分の蓄えの中から不足のローンを補って、返済が無い状態で初めて家を売ることができます。

これは、不動産に借金のカタになる抵当権があるために簡単に売ることができないためです。

そのため、任意売却という方法を使うことが必要になってきました。